• トップ /
  • インプラントが自由診療の理由

インプラントは自由診療

インプラントが自由診療の理由

インプラントの仕組みを理解する

インプラントという名前はメディアに取り上げられることが多いですから、見聞きした人は多いはずです。しかし、詳しい内容についてはあまり知られていないのが実状です。歯が抜けたりして歯がなくなったときの治療方法には入れ歯とかブリッジなど幾つかあります。インプラントとはその治療方法の一つですが、ほかの治療法とは違うことがあります。それは保険が適用されない自由診療であることです。自由診療とは治療費をすべて自分で支払うことですが、簡単に言ってしまいますと自由診療は自己負担が高くなる治療法です。インプラントにはこのような仕組みになっているのですが、その理由は「基本的な」治療法ではないと判断されているからです。つまり、「過度な」と言ってはおかしいですが、「きれいにする」という要素が入ってきてしまいますので「基本的な」の範囲を超えていると判断されています。このような仕組みになっていますのでインプラント治療法は保険診療に比べて高額な治療代金になっています。また、インプラントを埋め込む手術が必要ですので、その際は長期間を要することもあり、全体的に高額な治療費になっています。こうした仕組みを理解したうえで検討することが大切です。

↑PAGE TOP

Menu